北海道移住

北海道移住する前に、北海道特有の食べ物・料理を知っておこう!

今回は、「北海道移住を考えてる」人向けに、北海道特有の食べ物や料理を紹介していきたいと思います。

北海道移住する前に、北海道特有の食べ物・料理を知っておこう

驚き

北海道へ旅行する際は、ウニ丼やジンギスカン、ラーメンなどの王道のうまいものを食べると思いますが、

筆者は実際に、東京から北海道へ移住して、スーパーや居酒屋で「え?なにこれ!」と思うような食べ物があったので、移住検討されている方にご紹介します。

 

かすべ

かすべ

かすべとは、「エイ」のこと。

道民は、煮付けや唐揚げ、新鮮なかすべは刺身にして食べています。
味は淡白ですが、骨(軟骨)が多く、ボリボリの食感が病みつきになります。

売ってる場所というと、基本的にスーパーや鮮魚屋に陳列されています。
毎日ようにかすべを見かけるほどなので、道民に人気のある食材ですね。

 

かすべは低カロリー高タンパクで、ダイエットにおすすめ!
コラーゲンもたっぷりなので、美容効果も期待できるかも?

 

刺身の場合、鮮度が落ちると美味しくないので注意してください。

 

こまい(氷下魚)

こまい 一夜干し

タラの仲間で、漢字のとおり氷の下でも元気に過ごす魚です。

ほとんどは干物か一夜干しで、スーパーや鮮魚屋で売ってます。
コンビニにも一夜干しとして、おつまみコーナーに置いてあるほど、身近な存在にあります。

 

七味とマヨネーズで食べるとお酒が進む進む。

こまい特有の味で、クセになること間違いなし!

 

ザンギ

ザンギ

ザンギ=唐揚げのこと。

北海道のスーパーや居酒屋などでは、どこもかしこも唐揚げではなく、
ザンギとして売っています。

たまに居酒屋で唐揚げとザンギのどちらも提供しているところがあります。
だいたいその場合、ザンギの方が味が濃いです。

 

やきそば弁当

やきそば弁当

北海道限定のご当地カップ焼きそばです。

ペヤングやUFOの存在が影薄くなるくらい、
大量にコンビニやスーパーに陳列されていて、道民が愛してやまないカップ焼きそば。

このやきそば弁当の最大の魅力は、「中華スープ」が付いていること。
粉末スープを麺の戻し汁で溶かして飲みます。

焼きそばの味自体は、濃くもなく薄くもなくという感じ。

移住する人は、ペヤングやUFOの濃い味に慣れていると思うので、
比べてしまうと、味の衝撃はないかもしれません。

 

ハスカップ

ハスカップサワー

ブルーベリーのような見た目の果実。

北海道では、スイーツや飲料によく使用されているのを見かけます。


味は、ブルーベリーよりも酸味が強く、すっきりとした味わい。

筆者はお酒が好きなので、居酒屋でハスカップサワーをよく注文します。
コンビニでも販売しており、いつでも購入できます。

 

ハスカップは、
栄養豊富で、ブルーベリーより断然多く栄養素が含まれてるんだって!

 

おまけ ウニ情報

ウニ

北海道は海産物の宝庫ですが、その中でもウニは代表格ですよね。

実際に北海道移住した筆者が伝えたいことは、とにかくウニが安いんです。


住んでいた東京で買うときは、
1パック約5,000円くらいしてました。

一方、北海道のスーパーや鮮魚屋を見ると、1パック1,500です。
驚愕でした。


もっと安く入手する方法もあって、それは漁港の朝市に行くことです。

1キロ1,000円〜1,500円で購入可能で、ついついたくさん買ってしまいます。
(1キロだいたい10個程度)

 

移住したら、
家族や友人にウニなどの海産物を送ってあげると喜ばれるよ。
送料込みでも全然東京より安い!

 

 

-北海道移住

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5