北海道移住

知っておきたい【北海道特有の風習】

知っておきたい 【北海道特有の風習】

北海道には、本州とは違った特有の風習ってあるの?

 

そんな疑問にお答えします。

本州とは異なった、北海道特有の風習がいくつかあります。

道民はもちろん知っていますが、
北海道へ移住や引越しされる方は、知らないと恥をかいてしまう可能性も。

今回は、そんな北海道特有の風習について、ご紹介したいと思います。

 

 

北海道の風習あるあるを一挙紹介

知っておきたい 【北海道特有の風習】

北海道といえば、自然に囲まれ、食べ物が美味しく、のどかなイメージですよね。

そんな場所に住んでいる、心も広く優しい道民たちは、
道外の方々とは少し違った独特の行事をしています。

知っておきたい、北海道の風習あるあるを見ていきましょう。

 

七夕は、7月7日ではなく8月7日!?

七夕

七夕といえば、
織姫と彦星が1年に1度会える日として、
7月7日という認識が当たり前ですよね?

しかし、北海道では1ヶ月遅れの、
8月7日を七夕とする
地域が多いんです。

筆者は東京から北海道移住し、7月を迎えたある日、ホームセンターやスーパーに行っても七夕特集は行われておりませんでした。

しかし、8月に入ると笹の葉が出てきて、短冊に願い事を書いているのを目の当たりにして、
驚いたことを覚えています。

また、七夕では、このように短冊に願い事を書いて笹に飾るといった事をしますよね?
北海道は短冊を書くということに加えて、他にも七夕の行事があるんです。

それは「ローソクもらい」です。

子供たちが歌いながら、近所の家庭を周り、ローソクをもらいにいくという風習。

「ローソクちょーだい」と言うことで、お菓子が貰えるため、子供たちは各家庭を周ります。

まるでハロウィンみたいですよね。
なぜローソクなのかは分かりませんが、このような風習があるので覚えておくと良いと思います。

※北海道の一部地域によっては、七夕が7月7日のところもあります。

 

豆まきの豆は、落花生!?

落花生

北海道の豆まきは、大豆ではなく落花生なんです。

もともと、北海道の豆まきは大豆だったようです。
しかし、約70年前より大豆から落花生に変わっていったようです。

では、なぜ落花生に変わったのでしょうか。

毎年2月に行われる節分ですが、その頃の北海道は豪雪真っ只中です。
そのため、豆まきで撒いた豆は、雪の中に埋もれてしまい、見つけにくくなってしまいます。

そこで落花生であれば殻も付いてあり拾いやすく、衛生的にも問題ないということで始まったと言われています。

東北や鹿児島も落花生を使って、豆まきをしているようです。

落花生だと、鬼役の人が痛そうだね。

 

北海道の結婚式は、会費制!?

結婚式

北海道の結婚式のほとんどは、祝儀制の結婚式ではなく、会費制の結婚式なんです。

招待状には、会費○○円として値段が記載されており、
当日はご祝儀袋に入れずに手渡しで会費を払います。

ご祝儀として金額をいくらにするかという悩みが消え、
会費の相場も1万5千円程度のため、ゲストに優しい風習ですよね。
※ 通常のご祝儀は3万円程度

このように北海道は、気軽に参加できるような雰囲気の結婚式が多いです。

 

花見でジンギスカン!?

ジンギスカン

桜の季節は、
家族や友人とお花見に行って、満開の桜の下で、
美味しいものを食べたり、お酒を飲んだりすることって格別ですよね。

そんな時、皆さんはいつも何を食べますか?
おにぎりや唐揚げ、焼き鳥に花見だんご等が定番でしょうか?

北海道の定番は違います。
ジンギスカン」なんです。

自宅からカセットコンロを持参して、桜の下で煙を上げ、ジンギスカンを楽しんでいます。

ジンギスカンセットといった、コンロや食材の用意もしてくれるサービスもあるようで、
手ぶらで楽しむこともできます。

また、花見のシーズンだけでなく、
週末に庭やガレージでジンギスカンBBQをしているのをよく目にします。

ジンギスカンが北海道民に愛されているのがよく分かります。

 

以上、北海道の風習は、いかがだったでしょうか。
道民以外は知らない風習が多かったと思います。

北海道へ移住や引越しされる方は、是非知っておくと良いと思います。
別記事の「これだけは覚えておこう【北海道の方言一覧】」も併せてご覧ください。

-北海道移住

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5