北海道移住

札幌移住者の失敗したことから学ぶ!気をつけるポイント3選

たいと

札幌へ移住するけど、気をつけておいた方がいいことある?


そんな悩みを解決します。

筆者は東京から北海道の札幌へ移住しました。

もちろん移住前には、
札幌に住む注意点について、インターネットで調べましたが、
いざ移住してみると、ネット上に載っていないこともあり、
「この情報、知っておきたかったなぁ」と思うことがありました。

自分と同じ失敗を皆さんが犯さないように、
事前に知っておきたい、気をつけるポイントを紹介したいと思います。  

 

札幌移住における、気をつけたいポイント

point

札幌へ移住を決めた方は、

移住したら、この観光スポットに行きたい!
最寄りに美味しそうなお店がたくさんあるなぁ。

など想像を膨らませて、ワクワクしているんではないでしょうか。

実際に札幌へ移住してみると、
想像以上に最高な街であると実感します。

食べ物は美味しいですし、
筆者は毎週のように観光スポットへ出かけています。

しかし、札幌で住むにあたって、
気をつけなければいけないこともあります。
事前に知っておきたい注意点を見ていきましょう。

 

自転車の注意点

自転車

ちょっとした距離の移動は、自転車があればとても便利ですよね。

北海道の札幌市は、
電車やバスの交通手段が整っているため、
クルマを持たずに、自転車だけ持ってる方が多くみられます。

ただ、雪国ならでは自転車の注意点がありますので知っておいてください。  

 

屋外の駐輪場は、自転車が錆びやすい!

札幌市のマンションやアパートなどの駐輪場は、
屋外であることが多いです。

これは本州の方も当たり前ですよね?

しかし、屋外であることは、
北海道における自転車には致命傷です。

雪国である北海道では、積雪が半端じゃありません。
札幌でも、平均80センチくらい積もります。

これは筆者が撮影した家の前の自転車ですが、
見ての通り埋まっています。

自転車

冬の長い北海道では、
このような雪の影響を受け続けると、
自転車は急速に錆びてしまうために致命傷といえます。

そのため、回避策として、
自転車用カバーを付けるか
もしくは折りたたみ自転車を購入することをおすすめします。

特におすすめしたい折りたたみ自転車については、
後ほど紹介します。  

 

札幌で自転車なら、ファットバイク

ファットバイクってご存知ですか?

その名のとおり、ファット(太い)自転車のことです。
タイヤが太いため、抜群に安定した走りをしてくれます。

なんといっても雪道で快適に走ることができるので、
札幌のみならず、北海道での自転車はファットバイクがおすすめです。

デザインがゴツいので、メンズに人気ではありますが、
女性の方も乗っているのも目にします。
※デザインが微妙と思う方は、折りたたみ自転車をおすすめします。

さて、特におすすめしたい自転車は、
折りたたみ式のファットバイクです。

屋内に置けること、雪道でも走れるメリットがあるので非常におすすめ。
相場は5万円以上と値段が高いファットバイクですが、
安くて機能性抜群のおすすめファットバイクを載せておきます。

 

ファットバイク ビーチクルーザー 自転車 20インチ FATBIKE シマノ7段変速 ディスクブレーキ クイックリリース 自転車 通販【送料無料】但し沖縄・離島は除く

価格:36,900円 (2020/8/6 21:44時点)

   

 

ゴミ出しのゴミ袋は有料!?

 

ゴミ収集車

札幌特有のルールとなりますが、
燃えるゴミを回収してもらうためには、
有料の指定ゴミ袋で出さなければ、回収してもらえません

筆者はそれも知らずに、
半透明の袋にゴミを入れ、ゴミ捨て場に出していました。

週に2回、燃えるゴミの回収がありますが、
筆者の出したゴミ袋だけ回収されないことが続いたため、
札幌市のHPを確認してはじめて、
有料ゴミ袋でないと回収されないことを知りました。

ゴミ捨て場も溜まってしまい、
近所迷惑にもなってしまうので、このルールは知っておきましょう。

なお、ゴミ袋の値段は、
5ℓ 100円、10ℓ 200円、20ℓ 400円、40ℓ 400円となり、
コンビニやスーパーに売ってます。
※40ℓは5枚入り、その他は10枚入りです。

札幌ゴミ袋  

 

 

ガスは、プロパン?それとも都市ガス?

ガス

結論、都市ガスをおすすめします。
理由は、圧倒的に料金が違う点。

プロパンガスは、都市ガスの2倍の料金がかかってしまいます。
さらに、都市ガスは燃焼時に発生する二酸化炭素も少ないため、
環境に優しいというメリットもあります。

札幌では、プロパンガスの物件が多く、
都市ガスの物件が少ないですが、 注視して物件選びをしましょう。

不動産屋さんに、条件の一つとして相談してみよう!

 

-北海道移住

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5