北海道情報

札幌の公園には、野生のキツネがいるって本当!?

タイトル

札幌では野生のキツネを見ることができるって聞いたけど、本当!?


札幌では日常茶飯事で、野生のキツネに出会えます。
はっきり言って、野良犬よりも多いです。

高確率で出会える場所やキツネを見かけた時の注意点について、説明していきます。

 

札幌には野生のキツネがたくさん!

キツネ

大きな尻尾にモッフモフな毛皮が特徴の
"キツネ"って、とても可愛らしいですよね。

東京や大阪などの都会に住んでいる方は、
動物園に行かないと、
そんなキツネを見ることができないのではないでしょうか。

他の県でも山の奥へ行けば、
野生のキツネに遭遇できると思います。

一方、札幌では「キタキツネ」という種類のキツネが、山奥だけでなく、
街の公園や駐車場でも見かけることができます。

非常に人馴れしてしています。
たくさん見かけることができるキツネですが、
札幌のキツネには注意しなければいけないことがあるので、
移住や旅行される方には、要チェックの内容です!

 

札幌のどこでキツネは見れるの?

場所

札幌市内のある程度広い公園であれば、
基本的にキツネはいます。

なかでも、
特に目撃情報が多い公園は、こちら。


参考

平岡公園
☞アクセス:地下鉄東西線 『新札幌駅』からバス

中島公園
☞アクセス:地下鉄南北線 『中島公園駅』から徒歩3分

月寒公園
☞アクセス:地下鉄東西線 『月寒公園駅』『美園駅』から徒歩3分

円山公園
☞アクセス:地下鉄東西線 『円山公園駅』から徒歩5分

 

筆者は月寒公園から徒歩5分圏内に住んでおり、
毎日公園に散歩へ行きますが、
ほぼ毎回キツネに遭遇します。

※余談ですが、月寒公園で2020年に3匹のキツネが生まれました。非常に小さく可愛らしいです。

 

キツネには近づいてはダメ!?

危険

札幌移住後や旅行中に、もしもキツネに遭遇したら、
ついつい近づいて写真を撮ったり、触りたくなってしまうと思います。

ただし、この行為は、絶対にダメです!

実は、北海道の「キタキツネ」の約50%に、
エキノコックスという寄生虫が棲みついており、
この寄生虫により、エキノコックス症という病気を引き起こします。

人がエキノコックス症を発症すると、
致死率が非常に高いと言われている恐ろしい病気なんです。

キツネを見つけてどんなに可愛くても、
絶対に近づかずに、遠くから観察するようにしてください。

なお、感染原因は、
キツネの体や糞に直接接触したり、
糞で汚染された井戸水や山菜などを口にした場合です。

犬を飼っている方は、さらに注意が必要。

札幌の公園へお散歩に行くことが多いと思いますが、
犬がキツネの糞や汚染された草などを口にしてしまい、
その後飼い主に接触した場合、感染することも考えられます。

 

札幌の公園では、
多くの山菜が採取できます。
採集した場合は、しっかりと下処理をするようにしてください。

 

-北海道情報

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5