北海道移住

北海道移住の時に郵送した物【引越し費用公開】

"これから北海道へ移住する人" 向けの記事となります。

筆者が実際に、移住した際にかかった引越し費用郵送物について、紹介します。
郵送方法梱包の注意点なども記載するので、少しでも参考になれば嬉しいです。

郵送した物

  • 衣類・靴(ダンボール3個分)
  • 雑貨(ダンボール1個分)
  • 加湿器(ダンボール1個分)
  • テレビ-32インチ☞計:6点(ダンボール5個とテレビ)

実家住まいだったため、
家電・家具類(テレビと加湿器を除く)については、現地調達を考えておりました。

衣類は、各シーズン5着分とスーツ1着、下着類を入れて、ダンボール2個半分くらいでした。
北海道では、古着屋が多く、比較的安価で冬物を購入できることを事前にリサーチしていたので、
必要な分だけ用意し、不要なものは処分しました。

なお、梱包については注意点があるため、後ほどご紹介します。

郵送方法:引越し業者 or 自己手配

引越し業者

自己手配よりも料金はかかりますが、次のようなメリットがあります。

  • 荷造り・家具梱包・家具配置・不要分処理などのサービスある点
  • 荷物保証がある点
    ※業者によって異なります。

料金費用については、下記サイトで確認してみてください。
現在の住まいと引越し先、荷物数などを入力して、料金シュミレーションを出せるサイトになります。
https://hikkoshizamurai.jp/estimate/simulator/

実際に、筆者の場合で料金シュミレーションをしてみました。
郵送数は6点で、結果は最安値50,000円最高値96,140円でした。
※繁忙期によって、料金は変動するそうです。

自己手配の場合

筆者は料金を抑えるため、
引越し業者への依頼ではなく、宅配便で荷物を郵送する方法にしました。

自己手配の場合、自分で梱包材の用意をしなければいけません。
♦用意するもの:ガムテープダンボール、必要に応じてプチプチ(緩衝材)

ガムテープについては、コンビニやスーパーで入手してください。

ダンボールは、最寄のスーパーや薬局で、無料で貰えることがほとんどです。
見当たらなければ、店員さんに声をかけてみるといいと思います。

ただ、理想の大きさのダンボールが見つかるとは限らないので、
最寄のスーパーや薬局で見つからない場合は、通販で購入することもおすすめします。

【送料無料】120サイズ 国産ダンボール 6枚セット(みかん箱タイプ・段ボール箱)【ダンボール 段ボール 収納 軽い 120 140 160 引っ越し 引っ越しセット 通販用 梱包 強化 宅配 重量物 高強度用 ネットショップ オークション フリマアプリ 発送用 株式会社タチバナ産業

価格:1,680円
(2020/7/24 22:14時点)
感想(9件)

テレビや電子レンジなどの精密機器を梱包する場合は、プチプチがあった方が良いです。
トラックだけでなく、航空機での配送もあり、衝撃を受ける回数も増えるため、
使用をおすすめします。

カウネット エアークッション 300mm×42m 1巻 | 梱包 梱包資材 包装 引っ越し 引越し 気泡緩衝材 作業用品 生活雑貨 緩衝材 エアクッション エアークッション エアキャップ エアーキャップ ぷちぷち プチプチ ロール カウモール

価格:701円
(2020/7/24 22:13時点)
感想(14件)

なお、梱包の注意点としては、

料金費用についても、下記サイトで確認してみてください。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/search/payment/simulation.html?service=TK

 

 

引越し費用公開(自己手配した筆者の場合)

筆者の場合、郵送数6点になります。
ヤマト運輸サービスを利用しまして、13,520円でした。

引越し 領収書

引越し業者の料金と比較すると、約36,000円も安く済みました
※引越し業者の最安値50,000円と比較した場合

 

まとめ

北海道外からの移住となると、配送に航空機を使うため、費用がドンと上がります。

引越し業者と自己手配のどちらの場合でも、料金は高くかかってしまうので、
家電・家具などは、現地で調達することをおすすめします。

リサイクルショップで、新品同様で安く調達できます。
詳しくは、北海道移住者がおすすめする【家電の中古販売店3選】

そこまで荷物量が多くないのであれば、自己手配をおすすめします。

 

-北海道移住

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5