北海道移住

北海道移住すると100万円の移住支援金がもらえる!?

東京から北海道へ移住する人は、必見の内容となります。

 

ある条件をクリアすると、
世帯移住は100万円、単身移住は60万円の移住支援金がもらえます。

 

これは、人が集中している東京から人を分散させ、地方の担い手を増やして活気づけよう!という内閣府による施策になります。

 

北海道移住したい人にとって、最大100万円もらえるのなら、もちろんもらいたいですよね?

下記へ、支援金をもらうための条件について説明していきたいと思います。

支援金をもらうための条件

細かい条件もありますが、まずは下記3点の条件を満たす必要があります。

 

  • 道内の対象地域に移住した方
  • 東京23区在住者もしくは23区に通勤していた方(連続して5年以上)
  • 支援金対象の求人に就職


要するに、
東京以外の生活をされた方や既に移住先で仕事が決まっている方は、対象外となってしまいます。

 

だ仕事も決まってないけど、東京の大都会から離れて北海道に移住してみたい!
という方には非常におすすめです。

対象地域は広く網羅されているので、移住される方のほとんどは当てはまると思います。


その他、世帯や就職に関する細かい条件もあります。

就職であれば、「3親等以内の親族が経営をしている法人へ勤めないこと」など、
あまり該当しないような内容ばかりなので、割愛します。

詳しくはこちらで確認ください。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/jzi/ui-turn/H31wakuwaku-iju-page.htm

支援金交付までの流れ

移住先の要件を確認
    

移住支援金の対象として、募集している求人で就職する
    ⇓

予備申請書の提出
    ⇓
④本申請手続き
    ⇓

移住支援金の交付

 

移住先の要件を確認


移住先の各市町村のホームページで、要件を確認してください。

地域毎に内容が異なる場合があります。

 

移住支援金の対象として、募集している求人で就職する


施工管理や介護サービスの求人が多くみられます。
給料については、
1530の幅ほどかなと思います。


求人については、下記リンク先より確認してみてください。
https://kantan-kyujin.com/feature/hokkaido-jobformigrationsubsidy

 

「予備申請書」の提出


就職が決まった後、
1ヶ月以内に、移住先の市町村に「予備申請書」を提出します。

各市町村のホームページで、ダウンロードできます。

 

本申請を行う


就職
3ヶ月が経過したあと、移住先の市町村に本申請を行います。

こちらもホームページで、ダウンロード可能です。

注意

注意点としては、移住から1年以内に申請する必要があります

 

移住支援金の交付


本申請が認めれたのち、申請者に交付されます。
交付時期は市町村によって異なります。

申請が却下された場合は、書面にて通達がくるようです。

 

注意点


いざ、移住支援金
(100or 60)を交付されても、返還しなければいけないことがあります。


① 全額返還

・虚偽申請が発覚した場合

・申請日から3年未満に、移住先の市町村を離れた場合

・申請日から1年以内に、就職先を退職した場合

 

② 半額の返還

申請日から3年以上5年以内に市町村を離れた場合

 

つまり、移住先の市町村に5年以上は住まないといけないということになります。

半額の返還でも最低3年です。

短期移住を考えている方は対象外となってしまうので注意してくださいね。

 

まとめ


100
万円の支援金をもらうための、流れや注意点を説明しました。

結論、「移住先の市町村に5年以上住んで、指定の求人先で働くこと」のできる方が対象となります。

ハードルは高いですが、100万も貰えるチャンスなので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

-北海道移住

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5