北海道移住

北海道移住者が解説【札幌の地下鉄】について

北海道 札幌へ移住したい、検討している。」方向けの記事となります。

札幌の地下鉄は3つ通っており、”東西線”  “南北線“ “東豊線” があります。
各線20キロ未満の短い距離で、駅間はたった約2分程度の乗車しかありません。

北海道以外の地域から移住される方が、札幌の地下鉄に「え!?」と思う点も紹介していきますね。

運賃はいくらかかるの?

札幌の地下鉄の初乗り料金は、210です。

参考までに、他地域の初乗り料金を載せてみましたが、
東京や大阪から移住した方は、料金が高く感じるかもしれません。
各地域の初乗り料金

また、札幌の地下鉄は区数分けされており、区分毎で料金が変わってきます。
やや見づらいですが、参考にしてください。

札幌地下鉄 料金表

次に、こちらは札幌の区分表と東京メトロの旅客運賃表です。
札幌と東京の運賃料金表


例えば、札幌の場合、
3駅隣の駅に行く際は、区分が変わり、210円から250円となります。

一方、東京メトロで3駅隣の駅に行く際は、170円で変わりません。

 

このため、筆者は東京に住んでいたので、非常に料金高いと感じました。

 

乗車券に関するお得な情報


地下鉄専用1日乗車券

料金は大人830円、こども420円

地下鉄1日中乗り放題券です。

ドニチカキップ

料金は大人520円、こども260円

土曜日・日曜日・祝日に利用できる地下鉄1日中乗り放題券です 。


どちらも券売機で購入できます。

 

 

知っておきたいポイント

網棚がない!?

札幌の地下鉄には、網棚がありません。
路線の端から端でも、乗車時間は約30分程度のため、網棚を設けていないのかもしれません。

 

混雑していない時も、優先席は座らない!?

札幌では優先席ではなく、専用席となります。

東京や大阪などであれば、優先席と書かれ、混雑してない時に座る若者もいるかと思います。

 

しかし、札幌では基本的に若者は座りませんので、移住や旅行する方は注意してくださいね。

 

地下歩行空間「チカホ」がおすすめ!

北海道民が口を揃えて言う「チカホ」と呼ばれる地下通路があります。

南北線のさっぽろ駅と大通駅を結ぶ約520メートルの通路で、
特産品や雑貨店、八百屋などの出店が揃っていたり、アート作品の展示もされていて、
大変にぎわっています。

飲食店が連なる「赤れんがテラス」も直通でアクセス可能です。
雨の日や雪の日は、「チカホ」を利用しています。

 

-北海道移住

© 2021 移住者のワンダフルライフ Powered by AFFINGER5